「住みよさランキング2013」東日本編

山形、茨城、福井、愛知・・・、偏り目立つ域内順位

「甲信越・北陸・中部」は野々市が連続トップ、2・3位も不動

「甲信越・北陸・中部」も1位の野々市市(石川)、2位の坂井市(福井)、3位の本巣市(岐阜)のトップ3は変わらず、4位の長久手市(愛知)、5位のみよし市(愛知)が昨年の5位、6位からそれぞれ順位を1つ上げた。

6位の鯖江市(福井、昨年27位)、14位の能美市(石川、同79位)、17位の射水市(富山、同63位)は、昨年から順位が大きく上がったが、これは今回より「20%通勤圏」の対象となったことで補正処理を行い、鯖江市は福井市、能美市は小松市、射水市は富山市の数値を採用するようになったことが要因だ。

このエリアでは、トップ10に愛知県と福井県の都市がそれぞれ3市ランクインしている。また、20位の豊明市(愛知)が総合順位で32位と、このエリアのレベルの高さが一段と際立っている。

次ページ都道府県別トップ3
ランキングの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。