「住みよさランキング2013」東日本編

山形、茨城、福井、愛知・・・、偏り目立つ域内順位

「関東」はトップ4不動、北関東勢の順位が底上げ

「関東」では、1位の印西市(千葉)、2位の守谷市(茨城)、3位の成田市(千葉)、4位のつくば市(茨城)の上位4市の順位は、前回から変動はなかった。

一方で、土浦市(茨城)が昨年11位から5位に上がったほか、那珂市(茨城、14位→7位)、太田市(群馬、13位→8位)、神栖市(茨城、15位→8位)と、茨城を中心に北関東エリアの都市が順位を上げた。といっても、「介護施設定員数」が増え「安心度」の順位が大きく上昇した土浦市を除けば、偏差値の水準も含め昨年と大きく変化したわけではない。昨年の総合ランキングトップ50には関東から10市がランクインしていたが今回は6市にとどまっており、いくつかの都市が順位を下げたことにより、見かけ上、順位が上昇したというわけだ。なおトップ10中、茨城県の都市が5市と半数を占めており、このエリアでの同県のレベルの高さがうかがえる。

次ページ愛知と福井強し
ランキングの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT