未知のデザインに挑む、ジョブズの右腕

アップルをアップルたらしめる、デザイン哲学

シンプルさとは、何か

製品はどこから見ても美しくなるよう考えられ、何十分の1ミリの単位で計算されている。かたちだけではない。素材の厚み、その光沢の加減、ライトが点滅するスピード、その色、手に持ったときの感触、ボタンの大きさ、それを押したときの音。すべて、本当にすべてがアイブの関心の的なのである。

また、アイブのトレードマークとも言えるシンプルなデザインも、あらゆるものを研ぎ澄ませていった追究心の賜物だ。彼はこう語る。

「シンプルさとは、単にゴタゴタしていないということではありません。シンプルさとは、そのモノ、その製品の目的とあるべき場を本質的に描き出したものなのです。ゴタゴタを取り除いた製品は、ただゴタゴタのない製品であるだけで、それはシンプルさとは違う。シンプルさは、モノ作りのプロセスを貫いて追究されなければならないのです。それだけ、根本的なものだということです」

アイブが生み出す製品は、空虚なシンプルさではなく、あらゆる意味が込められ、それでいてそのモノの本質を表現するシンプルさなのである。

ハードからソフトウエアへ

ジョブズの生前は、「製品デザイン部門担当の副社長」だったアイブは、現在、「デザイン担当の上級副社長」となった。ハードウエアのデザインだけでなく、ソフトウエアのインターフェースデザインや使い勝手なども統括するポジションだ。

先立って発表されたiOS7から、アップルはスクリーンのデザインに手を入れ始めたが、それはこれから続くアイブによる新しいインターフェースデザインの第一歩である。ハードウエアのデザインで見せたシンプルさとディテールへのこだわりを、ソフトウエアでも見せてくれるのか。今後、未知の驚きが待っていることだろう。

母国イギリスで「サー」の称号も与えられたが、アイブは目立つことが嫌いな人間だ。スター・デザイナーがセレブのように振る舞う世界で、アイブは腰が低く、ごく普通人としてあり続けている。そして、目の前の仕事に没頭する。ことデザインの話題になると、一生懸命に話す。

真の実力者とはかくありなん、と思わせるのである。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。