「平均勤続年数ランキング」トップ300

長く働き続けられる会社はどこだ?

同じ業種でも男女の働きやすさには大きな差

男女の勤続年数を比較すると、女性の活躍推進が課題とされるわが国ゆえ、女子が男子よりも長く働けるという会社は極めて少数だ。

その中で、100位を超えたところから、セイコーエプソン(103位)、安川電機(117位)、リョービ(144位)、日本信号(185位)と、女子の平均勤続年数が男子のそれを大きく(3年以上)上回っている会社が出てくる。

反対に、鉄道や建設業界においては、男子の勤続年数、男子従業員比率が女子を大きく上回るのは容易に想像できるが、同じメーカーでもセイコーエプソンなどとは対照的に、グンゼ(11位)、キリンビバレッジ(144位)などは、男子の勤続年数が女子のそれを10年以上も上回る。

男子:女子の従業員比率をみると、セイコーエプソンはおおむね5:1、安川電機とリョービが8:1、日本信号6:1と、メーカーの女性従業員比率は商社や金融、小売りなどの非製造業ほど高くない。これは男子の勤続年数が高い企業でも同じで、キリンビバレッジが5.5:1、グンゼは実に25:1である。

新卒女性の採用も少ないため、一見、働きにくいイメージを受ける会社でも、実はそうではない会社もある。その一方で、肌着や飲料というイメージだけで会社を見ていては、実態を大きく見誤ってしまうこともある。

女性の働きやすさを計るためには、全体平均だけでなく、必ず男女別に数字を押さえておくべきだ。

次ページ男性優位の業界では?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドラッグストア再編第2幕<br>マツキヨ+ココカラに続くのは…

スギHDが先手を打ったココカラファイン争奪戦は、マツモトキヨシHDの勝利で決着。1月をメドに新たなトップ企業が誕生します。数年内に3社程度への集約が見込まれる次の再編の焦点は? 首位を追われるツルハHDのトップ直撃も。