「平均勤続年数ランキング」トップ300

長く働き続けられる会社はどこだ?

勤続年数は長ければ長いほどよい?

271位には、よく比較される資生堂と花王が同じ17.7年で並んだ。両社とも化粧品メーカーのイメージだが、従業員の男女比は資生堂が1:1、花王が3:1とかなり違う。勤続年数の男女別も、資生堂がバランス型、花王は男性主導型といった感じだ。

ところで、ここまで「長く働ける」ことを主眼にランキングを見てきたが、勤続年数は長ければ長いほどよいのだろうか。

大卒中心ならば19年で「辞めない会社」だとしたが、トップの四国旅客鉄道は高卒等も含むとはいえ、この基準を5年も上回る。19年の根拠には、「毎年安定的に採用を続けていれば」という条件もついている。上がつかえていて若年層を採らなければ、勤続年数は長くなり平均年齢は上がる一方だ。

実際に上位企業でも、持ち株会社ベースのため参考値扱いだが、再編を経た学研ホールディングス(7位)や、まだAV不振の爪あと深いパナソニック(11位)、そして楽天などが第三者割当増資を共同で引き受ける方針が報じられた出版取次の大阪屋(7位)など、経営の不安定さの背景に新陳代謝の悪さもあったとみられる会社も散見される。

いわゆるブラック企業ではないにしても、経営が立ちゆかなくなれば辞めざるをえなくなることもある。会社は皆同じではないし、「ブラック」「非ブラック」などとなかなか線引きできるものではない。「長く働ける会社」かどうかは、他人の判定に頼らず、やはり自分の目で判断しなければならないのだ。

(撮影:尾形文繁)

就職四季報 中堅・中小企業版

「中小企業のホントの情報が欲しい!」という就活生の熱い要望にお応えして、『就職四季報』に新シリーズ「中堅・中小企業版」が誕生。『就職四季報』の看板指標「入社3年後離職率」「有休消化平均」「平均年収」を特別調査し、4000社すべてにおいて、2014年の採用予定人数を含めた3年間の「採用動向」、企業概要が一目でわかる「特色」を収録。「総合版」「女子版」に載っておらず、人事に直接聞けなかったあの会社のあの情報が初めて明らかに。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。