「平均勤続年数ランキング」トップ300

長く働き続けられる会社はどこだ?

激務でも勤続年数は長い、商社と新聞社

103〜144位のゾーンには、激務で知られる総合商社のうち、三井物産(117位)、三菱商事(137位)の2強が入った。商社といえば起業を志す人が多く、実際に両社出身の著名な経営者は幾人もいるが、両社とも大卒入社中心で丸めて勤続19年と、「社員がほとんど辞めない会社」に当てはまる。

激務といえば、144位に朝日新聞社が登場したことで、読売新聞社(85位)、毎日新聞社(91位)と、朝毎読の全国紙3社が150位以内に入ることとなった。産業経済新聞社も169位、18.5年と勤続年数は長いといえる。

これらと並んで、NTT西日本(108位)、NTTコミュニケーションズ(137位)、日本郵便(125位)、ゆうちょ銀行(137位)、中日本高速道路(144位)といった「民営化」企業が同居しているのが興味深い。

 

次ページ男女の働きやすさに差
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自前の物流網を一気に拡大<br>アマゾンジャパンの真意

アマゾンジャパンで物流部門を長年統括するジェフ・ハヤシダ氏へのインタビュー。個人事業主に直接配送を委託する「アマゾンフレックス」の構想は4年前からあり、現在は首都圏中心の6地域ですが、今後3年で全国に広げることが明かされました。