メーカー復調、IT後退、時価総額トップ300

銀行、メーカー復調、ネットは後退

トヨタ自動車が唯一の10兆円超え、2位以下との差をさらに広げ王冠

トヨタ自動車が12.3兆円から16.7兆円に拡大し首位を独走。一方、昨年3月末に2位だったNTTドコモは携帯市場での独り負けもあり株価が伸び悩み、4位に後退。

メガバンクとメーカーの復調、ネット関連の後退が象徴的だった2013年3月末の時価総額ランキング。そのトップ300を主要な株価指標とともに見てみよう。

時価総額は、株価×発行済株数で計算するもので、企業価値を表す重要指標だ。この額が大きければ、現金を使わずに株式交換で他の企業を買収することも可能になる。

市場の評価である株価が高くなり時価総額が膨らめば、売り上げや利益で上回る企業を買収することも可能になる。ソフトバンクなど時価総額の大きいIT企業を中心に、他社をM&Aする際、その時価総額の大きさを活用する動きも目立つ。

12年度に時価総額も大きく改善

2012年度(12年4月~13年3月)は企業の時価総額も、株価の上昇に伴って大きく改善した。

日経平均株価は12年3月末の1万0083円から、13年3月29日には1万2397円まで回復した。これを受けて、東証1部上場企業全体の時価総額は、12年3月末の293兆7413億円(1673社合計)から、同9月末にはいったん256兆0597億円(1673社合計)に落ち込んだものの、この3月末には359兆7664億円(1709社合計)へと急回復している。

こうした中、主力企業の株価はどう変わったか。

時価総額上位4社で見ると、トヨタ自動車と三菱UFJフィナンシャルグループでは株価が3割を超す上昇を見せた一方、NTTドコモは3%程度の上昇にとどまった。この結果、ドコモの時価総額は12年3月末の2位から、13年3月末には4位に後退した。また、業績を見れば、自動車メーカーの純益の回復度合いが顕著だが、ホンダの株価上昇率は10.1%に過ぎず、物足りないほどだ。

なお、記事中やランキング表の中で「今期」としたのは、4月2日時点で決算発表を終えていない決算期を指し、3月期の場合は原則13年3月期が今期。「来期」は14年3月期とした。

次ページメガバンク3社がトップ10
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。