女子注意!サラダとスイーツは最悪コンビだ

総カロリーは低いが、"意外"な病気を招く?

サラダにスイーツという食事は、実はこの脂肪肝を誘発しやすい最悪の組み合わせなのだ。サラダは、ビタミン類が豊富で低カロリーのため、一見ヘルシーなイメージ。ただ、それにかけるドレッシングには油が含まれていることが多い。ドレッシングから無意識に摂取した脂肪に加えて、スイーツに大量に含まれる糖質が体内に取り込まれることで、過剰な分が脂肪となり、肝臓に蓄積されていくのだ。

もし脂肪肝になってしまったら、改善策はあるのだろうか。1つの方法は、食事を見直して良質なタンパク質を摂取すること。タンパク質といっても、脂身の多い肉類をガッツリ食べると動物性脂肪を多く摂ることになり、やはり脂肪肝につながってしまう。肝臓を元気にする食材を選ぶことが大切だ。

脂肪肝を改善する、4種のアミノ酸

「体内に入ってきたタンパク質は、アミノ酸に分解されて肝臓へ運ばれ、そこで再合成されます。肝臓の働きを助けるアミノ酸は、タウリン、バリン、ロイシン、イソロイシンの4つ。これらのアミノ酸を意識して摂ることで、肝臓の代謝機能を上げることができます」。なお、タンパク質がアミノ酸に変換されるときには、ブドウ糖の燃焼を伴うため、ダイエット効果も期待できるという。

上記のうち、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つは、体内で生成されない「必須アミノ酸」に分類されるため、食事により摂取する必要がある。「この3つをバランスよく含んでいるのは、鶏のむね肉です。また、タウリンはタコに多く含まれます」。

この2つの食材を活用したメニューとして西﨑教授がおすすめするのは、これからの季節にぴったりな、焼き鳥のねぎまと、タコの酢の物の組み合わせだ。毎日同じメニューにならないよう、鶏のむね肉のソテーとタコのマリネなど、料理法は工夫して変えてみよう。さらに、脂肪肝状態では活性酸素により細胞が破壊されやすくなるため、それを防ぐためにビタミンEを摂取することも忘れてはならない。ビタミンEを豊富に含むアーモンドを、1日に数粒食べるのが有効だ。

幸いなことに、肝臓は再生能力が高いため、うまく食生活を見直すことができれば1ヶ月程度で脂肪肝状態からの改善が可能だという。サラダ中心の食事とご褒美スイーツによってダイエットを「したつもり」になっている人は、まずはねぎまと酢だこを食卓に取り入れてみてはいかがだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT