不妊治療にはいくらかかるのか? コスト別 カップルのための治療戦略

印刷
A
A

最後のステップが体外受精です。

体外受精とは、「卵管を経由しない受精の方法」といえます。卵巣から卵を取り出し、精子と卵子を培養液の中に入れておくと、卵管内で受精するのと同じことが起こります。この受精卵を子宮の中に移植することで妊娠することができます。

通常の体外受精で受精しない方には、顕微授精を勧めます。これは、顕微鏡で観察しながら細い針に1個の精子を吸引し、1個の卵子の細胞室内に注入する治療法です。特に、精子の数が少ない、運動率が低い方に有効な方法です。

年齢などによりますが、当院での体外受精による妊娠率は、1回当たり30~45%です。4~5回行えば、8割ぐらいは妊娠できます。

体外受精は保険適用外で、1回当たり20万~50万円かかります。ただ、夫婦合算所得が730万円未満の方には、1回当たり15万円の補助金が国から出ます(右表参照)。これに上乗せして、独自の補助金制度を実施している市町村もあります。

最後に、通院の頻度は、ステップによって異なりますが、タイミング法や人工授精の場合は、排卵日の前後に集中して2~3回の通院になります。体外受精の場合は、注射を打つ必要もありますので、月に4~5回の通院が必要です。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT