松下幸之助は「2つのものさし」を持っていた

経営の神様の「問わず語り」

変えたらあかんものは変えん。変えるべきものは変える。その見極めが、経営においても大切なことやな
江口克彦氏のベストセラー『経営秘伝――ある経営者から聞いた言葉』。松下幸之助の語り口そのままに軽妙な大阪弁で経営について語った著書で、1992年の刊行後、20万部を売り上げた。本連載は、この『経営秘伝』をベースにしている。「経営の神様」の問わず語りは、多くのビジネスパーソンにとって参考になるに違いない。

物事そんな、簡単なものではないよ

この連載の一覧はこちら

きみ、ええか。物事は、右か左か、どちらかひとつで考えたらあかんで。なんでもそうやけど、たいがい相矛盾する考え方があって、普通は、そのいずれかひとつの考え方で、判断しようとする。けど、それは基本的にはよくないことや。

たとえば、社会というものを考えても、全体がなによりも大事とする考え方と、いや、そうではない、やはり個人が大事だという考え方と、ふたつあるとするわな。確かにそれぞれに、言い分はわかるけど、わしから言えば、その両方がともに大事だとする考え方でないといかんと思うな。そやないやろか。

全体のために個人が犠牲になるというのは、これはなんのための全体か、ということやね。個人が犠牲になるようであれば、そんな全体は作らんほうがええわな。けど、全体はどうでもいい、個人さえ大事にされれば、それでいいんだとすると、その個人は、いったいどこに立っておるんかということになる。

その社会におって、その上に立っておるんやから、それで自分が立っておる、いわば踏み台はどうでもいい、それが壊れても構わんというようなことは、おろかな考えと言えるわな。そやから、この場合、全体も大事、個人も大事というように考えて、その両方がともに具合いいようになる道を考え工夫せんとあかんわけや。

次ページ自分も生き、全体も生きる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。