闘将の「負けてもブレない」マネジメント術

ロンドン五輪サッカー代表監督 関塚隆氏に聞く

選手たちがうまく機能したのが、初戦のスペイン戦でした。スペイン代表は、ワールドカップ優勝、ユーロ連覇を達成し、オリンピックの世代でも21歳以下の大会でヨーロッパを制した実績が豊富な世界一といってもいいチームです。このチームに勝利できたのは、オリンピックの戦いにおいてとても大きなことでした。

厳しい闘いの中でどうチームを作り上げていくか

最終的には4位という結果でしたが、オリンピックという真剣勝負の舞台で、3位決定戦までの6試合を戦うことができました。そこから見えてきたものは選手にとっても、わたし自身にとっても、大きかったと思います。

(C)J.LEAGUE PHOTO

世界の厳しい試合の中で、どうゲームを作り上げていくか。心理的な面での重要性もあらためて気づかされました。

コーチングスタッフとの和を大事にしながら、選手が躍動感あふれるプレーをし、感動を与えるサッカーを構築する。関塚氏は監督としての理想像をこう語る。

リーダーにはタイプがあるので、自分にあったリーダー像を見つけ出すのが大事だと思います。わたしもいろいろな監督、上司と出会ってきましたが、理想の上司であっても自分がそうなれるとは限りません。

自分らしさを失ってリーダーになったらうまくいかないと思います。

わたし自身は、コーチングスタッフとの和を重視するマネジメントを意識しています。わたし一人の意見を押しつけるより、みんなの意見を吸い上げながらチーム作りをするのです。

選手は監督とうまくいかないと必ずコーチングスタッフに話に行きます。そのときにコーチングスタッフと監督が一枚岩になっていなくて方針がぶれていれば、選手は方向性を見失ってしまいます。

コーチングスタッフも含めてぶれないマネジメントは、わたしが曲げたくないポイントですね。

選手たちが躍動感のあふれるプレーをし、見ている人たちに感動を与えられるサッカーをやっていきたい。そして、チームが勝つことと人を育てることを、両立してやっていきたいと思っています。

これがわたしの描いている監督としての理想像です。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大論争! 財政再建か財政拡張か<br>消費増税延期論やMMT台頭も

株価急落と国内景気の減速で、消費増税の延期論が勃発した。根強く残る財政拡張派の主張は正しいのか。世界的な低金利の継続で台頭したMMT(現代貨幣理論)を含め、争点を検証する。小峰隆夫氏ら4人のエコノミストによる座談会も収録。