岡崎慎司は、なぜ上司の心を掴めるのか?

「上司に信頼される」より、まず「上司を信じる」

日本代表として得点を重ねる岡崎慎司。雑草と言える彼の成功の裏には、上司に気に入られる力がある(写真:杉本哲大/アフロスポーツ)

上司に認められたい――。

そう考えるのは、一般のビジネスマンだけでなく、サッカー選手も同じだ。監督から認められなければ、試合に出ることすらできない。

だが、「認められたい」「気に入られたい」という気持ちが強くなりすぎてしまうと、本来の自分の力を出せなくなってしまうだろう。人の目を気にしすぎると、自分の基準がブレ、自信を失う要因になってしまう。

サッカー界のトップの選手は、どうやって「認められたい」という気持ちをコントロールしているのか?

今回はひとつの例として、日本代表の岡崎慎司(シュツットガルト)を取り上げたい。岡崎は朝日新聞(2013年3月26日)のインタビューでこう語った。

「僕は監督に信頼されようというふうには思わない。自分から監督を信頼する」

上司から信頼される前に、まずは自分から信頼する――。まさに発想の転換だ。信頼されようとすると、どうしても上司の目が気になってしまうが、自分から信頼すれば、すべての基準は自分の目になる。

シュツットガルトの練習場で、この言葉の真意を問うと、岡崎は力強く言った。

「人から認められたい、褒められたいっていう気持ちは、誰にでもあるじゃないですか。特に自分はメンタルが弱くて、人が言ったことをすぐに気にしてしまうところがある。でも、最終的に判断しなければいけないのは、自分ですから。人の目や発言に左右されてやっていくのは、難しいかなって思う。だから人の目を気にしないように、まずは自分から信じることから始めるんです」

次ページ「信頼される」より「信頼する」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT