川島永嗣に学ぶ“ドヤ顔”の作り方

自信を持ち続けるための2つの習慣

つねに自信に満ちた表情を見せる川島。チームメートにとって頼りになる存在だ(写真:Getty Images)

キャプテン長谷部がつねに相談する男

即時の決断が求められる急場においても、自信に満ちた表情を保ち続けられる人物は、どんなチーム(組織)においても頼りにされるだろう。日本代表GKの川島永嗣は、まさにそういう人物だ。

2010年南アフリカW杯では、大会直前に正GKに抜擢されると、好セーブを連発して日本代表のグループリーグ突破に貢献した。どんなピンチにも動じず、闘志あふれる貫禄に満ちた表情は、ピッチ上の“ドヤ顔”として話題になった。

リーダーシップも優れている。

日本代表のキャプテンといえば長谷部誠だが、長谷部はチーム内で何かしらアクションを起こすとき、ほぼ必ず、事前に川島に「どう思う?」と相談を持ちかけている。2人は代表の飛行機移動で隣の席になることが多く、その場はさながら幹部会談に。川島は副キャプテンのような存在だ。

では、なぜ川島はどんな大舞台でも“ドヤ顔”でい続けられるのか? 『準備する力』(川島永嗣著、角川書店)で語られているように、自己マネジメント能力が突出していることは間違いないが、ここでは2つの“習慣”に注目したい。

次ページ吉田麻也に送ったアドバイス
関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。