一流選手はなぜ”ミス”を引きずらないのか?

細貝萌とドイツ代表の心理操作術

繊細な性格で知られる細貝が実践している「パーキング」の技術は、ビジネスパーソンにも役立つはずだ(写真:Bongarts/Getty Images)

どんなに強いメンタルを持っている選手でも、どんなに経験を積んだベテランでも、悩みが頭から離れず、試合に集中できないことがある。

ドイツ代表のミロスラフ・クローゼはブレーメンでプレーしているとき、ある事実無根の噂に悩まされていた。大衆紙に「妻がチームメートと不倫関係にあり、妊娠した」という記事が出たのだ。完全なでっち上げなのだが、クローゼはプレーに集中できなくなり、スランプに陥ってしまった。

悩みは頭の一部に“駐車”する

そんな危機を救ったのが、ドイツ代表のメンタルトレーナー、ハンス・ディーター・ハーマンだった。スキーやハンドボールなど、あらゆるアスリートのパフォーマンス向上を担ってきたスペシャリストは、こうアドバイスした。
「どうしても気になってしまう思考があったら、一度、頭の一部にパーキング(駐車)しなさい。それについては後で考えればいい。パーキングすれば、他のことに集中できるようになる」

クローゼはこれを実践して少しずつ調子を取り戻し、2005-06シーズンにドイツリーグの得点王に輝いた。さらに2006年W杯では、5点を決めて大会の得点王に。のちにクローゼは「メンタルトレーナーのおかげで試合に集中できるようになった」と感謝の言葉を贈った。

ハーマンはこう説明する。

「選手には2つのタイプがある。1つは直感的に、感じたままに行動する選手。FWに多いタイプだ。もう1つは理論的に考えて行動する選手。後者のタイプのほうが周囲の状況に敏感なので、それに合った対処をするのが望ましい」

次ページ試合中にミスしてしまったら……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。