川島永嗣に学ぶ“ドヤ顔”の作り方

自信を持ち続けるための2つの習慣

おカネ以上の価値がある買い物

思いを込めて特別な物を購入し、それをお守りのようにする――。それが川島の流儀だ。

「僕は物には『思い』があると考えているんです。思い入れのある物を持ちたい。そうすれば物に対して違った見方をするし、自分にとっても特別な物がすぐ身近にあることになる。そういうのを大切にしたほうがいいのかなって思うんです」

「自分があのときに買った時計はもちろん高かったですけども、それが値段の価値だけかっていったら僕にとってはそれだけじゃない。僕がああいうタイミングで買うことで、おカネ以上の価値が自分にはあるわけじゃないですか。だから高い物を買うにしても安い物を買うにしても、そういう思いがある買い物をしたほうが、自分にとっても『いい買い物』になるんじゃないかなと」

川島は自分の誕生日には、必ず自分へのプレゼントを買うようにしているという。誕生日をただのお祝いにするのではなく、次なる一歩を踏み出す特別な節目として意識するためだ。

自信に満ちた表情は、周りにも勢いを与える。川島が最後尾から醸し出すオーラが、日本代表の攻撃サッカーを支えている。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。