岡崎慎司は、なぜ上司の心を掴めるのか?

「上司に信頼される」より、まず「上司を信じる」

周りを気にすることへの違和感

もともと岡崎は、「周りの目を気にする」ことではい上がってきた選手だ。高卒で清水エスパルスに入団したときは、FWの6番手、7番手にすぎず、プロでやっていけるかわからない“雑草選手”だった。

だが、岡崎は周りの意見に耳を傾け、ガムシャラに課題に取り組んできた。その結果、日本代表の主力になり、2010年W杯のデンマーク戦でゴールを決め、ドイツのブンデスリーガでプレーするまでの選手になった。

ただし、その一方で、自分が周りの意見を気にしすぎることに、少しずつ違和感を覚え始めていた。

「サッカーをやりたくてプロになったのに。その気持ちをどんどん忘れていたんです。監督に求められたり、人に言われたりして、チャレンジできなくなっている自分がいた。なんでサッカーをやっているのかな?って思いが大きくなった」

プロである以上、試合に出るために監督から認められる必要がある。だが、評価を気にしすぎると、自分らしさは失われる。

悩んだ末に岡崎が行き着いたのは、「信頼される」という他人の目を基準にする思考ではなく、「信頼する」という自分の目を基準にする思考だった。

「監督が指示するのは、自分にとって、それが絶対に必要だからだと思うんです。だから、その指示を信頼する。そういうふうに考えると、嫌々取り組むのではなく、『なぜ、そう言われたんだろう?』と理由を掘り下げられる。何も考えずに従うのと、考えながらやるのではまったく違う」

次ページ監督を信頼すれば、自分に戻れる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT