岡崎慎司は、なぜ上司の心を掴めるのか?

「上司に信頼される」より、まず「上司を信じる」

監督を信頼していれば、指示に背いてもいい

もちろん岡崎にも、迷いや葛藤がある。

「自分も人間なので、『信頼されたい』っていう気持ちを完全に消すことはできないですよね。特にずっと人の目を気にしてやってきた選手だから。だからこそ、迷ったときに、監督を『信頼する』って考えることが必要。そうすると、自分に戻れる」

今、岡崎が取り組んでいるのは、“DFの背後を狙うプレー”と“足元でボールを受けるプレー”の両立だ。

ディフェンスラインの裏に走り込むダイナミックなプレーは、Jリーグ時代から岡崎の大きな武器だった。一方、密集地帯の隙間に入り込んで、足元でボールを受けてキープするプレーには課題があった。

ただし、キープだけを意識すると、自分らしい飛び出しが損なわれる。そこで岡崎は、こう考えてプレーしている。

「監督から『足元で受けろ』と言われても、まずは自分が裏をとこんとん狙ったうえで、次にプレーのイメージが見えたときに足元で受ければいい。監督を信頼するっていうのは、つねに従うっていうことじゃないんですよ。監督を信頼していれば、自分の判断で指示に背いてもいい」

これからも岡崎は、地をはうようにして、粘り強く、泥臭く、サッカー界の高みを目指して前進して行くに違いない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT