岡崎慎司は、なぜ上司の心を掴めるのか?

「上司に信頼される」より、まず「上司を信じる」

監督を信頼していれば、指示に背いてもいい

もちろん岡崎にも、迷いや葛藤がある。

「自分も人間なので、『信頼されたい』っていう気持ちを完全に消すことはできないですよね。特にずっと人の目を気にしてやってきた選手だから。だからこそ、迷ったときに、監督を『信頼する』って考えることが必要。そうすると、自分に戻れる」

今、岡崎が取り組んでいるのは、“DFの背後を狙うプレー”と“足元でボールを受けるプレー”の両立だ。

ディフェンスラインの裏に走り込むダイナミックなプレーは、Jリーグ時代から岡崎の大きな武器だった。一方、密集地帯の隙間に入り込んで、足元でボールを受けてキープするプレーには課題があった。

ただし、キープだけを意識すると、自分らしい飛び出しが損なわれる。そこで岡崎は、こう考えてプレーしている。

「監督から『足元で受けろ』と言われても、まずは自分が裏をとこんとん狙ったうえで、次にプレーのイメージが見えたときに足元で受ければいい。監督を信頼するっていうのは、つねに従うっていうことじゃないんですよ。監督を信頼していれば、自分の判断で指示に背いてもいい」

これからも岡崎は、地をはうようにして、粘り強く、泥臭く、サッカー界の高みを目指して前進して行くに違いない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。