選挙制度改革"0増5減"より大きな対立

混合制度の意図せぬ効果、いいとこ取りの難しさ

ゾンビ議員?銅バッジ?「復活」当選は悪か

現在、日本の衆議院議員総選挙で採用されているのは「小選挙区比例代表並立制」と呼ばれる選挙制度だ。

選挙区から1人が選ばれる多数制の小選挙区部分と、政党に投票する比例代表部分から成る。重複立候補が認められており、小選挙区で落選しても、比例代表で「復活」する議員が出てくるが、復活当選は一般に評判が悪い。「ゾンビ」という形容がしばしばなされるし、政治家の間でも比例復活議員は「銅バッジ」などと揶揄されることがある。

しかし復活議員は、どのような混合制度でも低く扱われるわけではない。たとえば、混合制度を採り、重複立候補を認めるドイツでは、東西統一にも貢献したヘルムート・コール元首相が、小選挙区では実に4回も落選し、そのたび「復活当選」している。

小選挙区比例代表併用制下の1990年ドイツの投票用紙。左側で候補者への投票を、右側で政党への投票を行う。日本のように政党・候補者への名前は書かず、空欄にチェックするかたちとなっている。 (c)1998-2013 ACE project

日本とドイツの混合制度は、1人2票、小選挙区と比例代表にそれぞれ1票を行使する点では同じだが、その内容は大きく異なる。

日本の衆院選では、比例代表部分が独立していて、それに小選挙区の議席が追加される。一方、「小選挙区比例代表併用制」と呼ばれるドイツの制度では、基本的に、比例代表部分の結果から、全議席を政党に配分するのである。

小選挙区部分には、定数の半分が割り当てられており、ここで当選した候補は必ず議員となる。

大きな政党の場合、比例での得票から彼らに配分される議席数は、割り当てが少ない小選挙区での当選者数より多くなる。比例で得た議席を、まずは小選挙区当選者で埋め、不足分を、提出した名簿の順番で決めればいい。

複雑なのは、小さな政党で、小選挙区での当選者が、比例で配分された議席数より多い場合だ。このとき、小選挙区での当選者は当然議員になる。すると、議員数が定数を超え、超過議席が発生するのだ。前回のドイツ連邦議会選挙では定数598に対して622名の議員が選出された。

この制度ならば、コール首相のような大政党のリーダーは、名簿の上位に自身の名前を載せ、党全体のことを考えて、選挙運動に臨むことができる。

有権者も、自分たちの選挙区のことだけ考えるわけではない政党リーダーより、地元に密着する候補者を選択しがちだろう。全体としては、比例代表部分での政党間の競争を基本としつつ、小選挙区部分で地域の利益に配慮する制度と評価できる。

次ページ重複立候補がもたらすもの
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。