ラーメン・ディズニー・ネスプレッソの秘密

「値段相応」とは何か?値上げから顧客が見える

最近はアベノミクスの下でのインフレ期待も話題に上るが、それでも日々、多くの企業は値下げ圧力に苦慮している。根底にあるのは、安くすれば売れる、あるいは、安くしなければ売れない、という考え方だろう。しかしそれに従うかどうかには、検討の余地がある。

そのラーメン屋の良さ、本当の在りかはどこだ?

著者:水越康介(経営学者、首都大学東京准教授) 撮影:今井康一

たとえば僕が以前よく通った店に、おいしいが価格の高いラーメン屋があった。高ければおいしいのは当たり前で、コストパフォーマンスとしては平凡である。

ただ、僕が味以上に気に入っていたのは、何時に行ってもすいているところだった。

あるとき、その店がいつになく混んでいた。珍しいこともあるものだと思ったが、理由は期間限定キャンペーンであった。値下げしていたのだ。その期間、客は増えただろうが、僕の満足度は当然下がった。

似たような話で、価格の調整がうまいのはディズニーランドだ。人の集まる魅力的な場所は、人数調整を必要とする。どうすれば人混みを緩和できるか。言うまでもない。入場料を高くすればいいのだ。

ディズニーランドの入場料は、だんだんと値上げされている。それでも満足度は下がらないし、むしろ上がっていそうだ。最近は、好調なUSJも値上げを進めているという。

次ページ値上げが悪いことばかりではない理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。