ネスレなど企業が「鬼ごっこ」導入の理由

あなたのチームは、本当に強い?

今、企業からラブコールが相次ぐ、一風変わったスポーツがある。昔ながらの“鬼ごっこ”を競技化した「スポーツ鬼ごっこ」だ。
その定義を普及させるため、一般社団法人鬼ごっこ協会が設立されたのが2010年6月。以降約2年半の間に、「スポーツ鬼ごっこ」人口はおよそ5万人にまで急増。26都道府県、約100市町村で鬼ごっこが実施され、同協会は昨年だけでおよそ90の鬼ごっこイベントを手掛けたという。
特別な道具や技術を必要とせず、スペースさえあれば、すぐに誰でも参加できる。それにしてもなぜ、各地で鬼ごっこがブームなのか?

3000人が集まった”鬼ごっこ”大会

「よし、取った!」「やられた……」

箱の上に置かれた“宝”を奪い、満面の笑みを浮かべる女性と、その様子を悔しそうに見つめる相手チームの男性。相手チームの“宝”を奪うと得点が入る(“宝”は両手か片手でつかめる大きさの円柱状のもの。ペットボトルなどでも構わない)。男性は女性の後ろを慌てて追いかけたが、いま一歩、間に合わなかった。

城南信用金庫大井支店も参加した「第1回スポーツ鬼ごっこ全国大会」(NPO法人まちづくり大井、一般社団法人鬼ごっこ協会共催)の様子

昨年11月、「第1回スポーツ鬼ごっこ全国大会」が東京都品川区で開催され、関東近県から38チーム、およそ430人が参加。観戦者を含めて3000人が集まった。

「大の大人が鬼ごっこ?」と最初は思うかもしれない。だが意外かもしれないが、仲間が懸命に走り回っている姿を見ていると、いつしか手に汗を握り、大声で声援を送るようになる人も多いのだ。

この大会には、地元からは城南信用金庫大井支店も参加していた。実は同支店では、昨年の夏から3回も「スポーツ鬼ごっこ」を行っている。

「『なぜ鬼ごっこ?』と、当初は私たちもピンときませんでした。ただ参加してみて、その楽しさやメリットを体感し、しだいにハマっていったというのが正直なところです」(同支店営業課課長・小川剛氏)

次ページやるうちに、戦術が磨かれる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT