ネスレなど企業が「鬼ごっこ」導入の理由

あなたのチームは、本当に強い?

現在は、ある企業のオリジナルプログラムを作成中とのこと。「夕張市の大型施設を舞台に、知力、体力、チーム力を活用して、およそ300人の社員が鬼から逃げ回りながら与えられたミッションをクリアしていく壮大なプログラムを企画しています」(同社営業推進本部・福田敦氏)。

まるで逃走&脱出系ゲームのキャラクターのごとく、逃げ回りながら頭や体を使っているうちに、チームを組んだ社員らは自然とアイデアを出し合い、団結することになる。

遊びの要素を織り交ぜながら組織のチーム力を育む職場旅行は今後、注目されるかもしれない。

こうした団体戦の「スポーツ鬼ごっこ」のほか、同協会による鬼ごっこには少人数で行うものもある。

数人で行う鬼ごっこ「ことろことろ」では、鬼(画像左側)に対向して、「親」ら(右側)が芋虫状態で動き回り、いちばん後ろの「子」を守る。誰がどのポジションでどう動き回るかで勝敗が左右される

“鬼ごっこ”の起源とされる「ことろことろ」では、数人で芋虫状態に連なり、先頭に「親」、いちばん後ろに「子」がつく。対向する「鬼」役がいちばん後ろの「子」にタッチしようと挑み、会場は笑いと熱狂する声に包まれる。

10秒程度の対戦だが、研修での活用では事前の戦略作り、計画の実践、反省点の振り返り、それを活かす方法まで学んでいくというから本格的だ。

子どもの肥満解消にも

そもそも同協会は30年間、子供向けのスポーツ、レクリエーションを研究してきた城西国際大学の羽崎泰男教授が設立した。1980年代から羽崎教授が旧厚生労働省と共に、子供の肥満改善プログラムを研究していたところ、行き着いたのが「鬼ごっこ」だった。

一般的なスポーツだと、運動嫌いの子供は二の足を踏むことも多い。だが、鬼ごっこだけはどんなタイプの子も楽しそうに参加したという。年間を通して鬼ごっこのプログラムを実践したところ、実際に子供の肥満が解消され、鬼ごっこでよく動き回る子供は、より長い時間、目を閉じたまま片脚立ちができるという結果も得られた。

「子供の肥満解消、体力作りに役立つのですから、鬼ごっこは、大人にもよりよい効果があると思います」(同協会・平峯佑志氏)。

次ページなんと婚カツにも発展
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。