会社女子に必要なことは、“チア”で学んだ

度胸がつき、ネガティブ発言も減っていく

2013年2月24日、東京がひとつのお祭り会場となった。
3万6000人の老若男女が走った「東京マラソン2013」。その盛り上がりに一役買ったのが、コース沿道で開かれたランナー応援イベント”東京大マラソン祭り2013”だ。
コースに隣接する28カ所のスポットでは、ランナーが走る主要時間帯に合わせて、ダンスや民俗芸能、吹奏楽の演奏など多彩なパフォーマンスが繰り広げられ、観客を魅了した。
ランナー同様、何カ月も前から練習を重ねてきたグループや個人による、もうひとつの晴れ舞台。その中に、ひときわ輝くチアダンスチームがあった。

大人女子を魅了する、チアダンス

「ランナーの皆さん! こんにちは!」 

「私たちはおとなチア女子部、”Cheerful(チアフル)”です!」

鮮やかなピンクのポンポンを持ったチアリーダーたちが、千代田ファーストビルの前にさっそうと登場した。東京都庁からスタートし、緩やかな下り坂を抜けてそろそろ序盤の混雑も解消される6.8kmの地点。マイペースで走るランナーらが沿道左側に目を向ける。

風が強く気温は5.5度という環境だったが、ランナーに向けて力強いパフォーマンスで応援していた

「GO―! Let’s GO―!」

テンポのよい曲と、はつらつとしたチームの掛け声が周囲に響く。ポンポンを持った両手を大きく振り上げ、およそ20人のチアリーダーが体をひねり、華麗なダンスを披露する。

軽快なリズムに合わせて、前列後列に分かれていた女性たちが1列に並ぶ。そして一斉に足を振り上げてステップを踏む。チアの見せ場のひとつ“ラインダンス”だ。練習では乱れることもあったが、今回はフロントキックもきれいに揃った。

片手を頭上に上げる“パンチアップ”も、一列に並んだまま右から左へ流れるように展開させ、ランナーに向けてエールを送る。

彼女たちのダンスを見て、うれしそうな表情を浮かべるランナーや、曲のリズムに合わせて、片手を上げて「ありがとう」の意を伝えるランナーたち。中には、立てひざを突きながら彼女らを撮影し始めるランナーもいて驚かされる。

次ページ仕事にも通じる、チアの心
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT