アマゾンと楽天、「読み放題」の勢いは続くか

使い勝手、品ぞろえでユーザー離れの恐れも

楽天・常務執行役員の相木孝仁氏(左)は8月のサービス発表会見で「楽天グループのほぼすべてのサービスが楽天マガジンとリンクしていく」と、ECなどと連携を進める将来像を語った

アマゾン・ドット・コムと楽天。国内EC市場で覇権を争うライバルの2社が、電子書籍分野でも激しく火花を散らしている。新たな戦場となっているのは、読み放題サービスだ。

アマゾン日本法人が電子書籍の定額読み放題サービス「キンドル・アンリミテッド」を開始したのは8月3日。対抗するかのように、楽天も1週間遅れで雑誌にジャンルを絞った定額読み放題の「楽天マガジン」を開始したのだ。アマゾンと楽天は、2012年に相次いで電子書籍の国内配信を開始して以来、しのぎを削ってきた。ただ、これまでは漫画や小説など個別の作品の単品販売だけだった。

プライム会員向けに含まれない、独自サービス

アマゾンは電子書籍の読み放題以前から、定額制のコンテンツ提供サービスを展開してきた。年間3900円(税込み)のプライム会員向けに、2015年秋から動画見放題の「プライム・ビデオ」や、音楽聴き放題の「プライム・ミュージック」を追加料金なしで提供。ECの枠を超えた利便性の提供をテコに、顧客囲い込みを進めている。

アマゾンのキンドル・アンリミテッドは、雑誌や写真集などジャンルも幅広い

しかし、新たに始めた「キンドル・アンリミテッド」は月額980円(税込み)と有料だ。対象となる書籍は和書13万冊、洋書130万冊以上と豊富で、書籍や漫画、雑誌や写真集などジャンルも幅広い。

書籍販売はアマゾンが日本での事業拡大の足掛かりにした分野で、注力分野であることは電子書籍でも同じ。品ぞろえの充実度からしても、有料会員事業に付随する動画や音楽のサービスと違って、単独で収益貢献が期待される事業だ。

だが、「キンドル・アンリミテッド」は開始直後に思わぬトラブルに陥った。アマゾン側の想定以上に利用が増えたために、1カ月後の9月初頭までに専門書や写真集といった比較的高額な本などが、読み放題の対象から相次ぎ外される事態となってしまったのだ。

次ページ出版社も電子書籍に期待
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT