アマゾン「読み放題」、本好きがハマる超魅力

月額980円、電子書籍市場に火をつけられるか

アンリミテッドのサービスはキンドルだけでなく、スマホやタブレットでも利用できる。「あらゆる言語、時代の本を60秒以内に届ける」がコンセプトだ(写真:記者撮影)

ついに真打ち登場、といったところか。EC(電子商取引)大手の米アマゾンが日本でも、書籍の読み放題サービスを開始する。

8月3日にスタートするサービスは「Kindle Unlimited」(キンドル・アンリミテッド)。月額980円(税込み)で、和書12万冊以上、洋書120万冊以上が読み放題になるサービスだ。最初の30日間は無料で体験できる。すでに米国では2014年7月にスタートしていたもので、現在11カ国でサービスを展開している。

和書の内訳は、書籍が8万冊以上、コミックは3万冊以上、そのほか雑誌も240誌、短編や国会図書館所蔵の作品なども読むことができる。出版社は講談社や小学館、文藝春秋、新潮社、光文社などの大手が軒並み参加。書籍の場合、発売直後の新刊は少ないが、1~2年以内に発売された作品の品ぞろえはベストセラーも含めて充実させているという。

「ポケモンGO」もライバルになる

キンドル・アンリミテッドのサービスの特徴は、アマゾンの電子書籍端末「キンドル」のユーザーだけでなく、アプリをダウンロードすれば、iPhoneやアンドロイド端末、タブレット、パソコンなどでも読むことができることだ。

「ポケモンGOにどう勝つか。そこで読み放題だ」と語った友田氏。競合は読み放題サービスだけではない

アマゾンジャパン・キンドル事業部の友田雄介氏は、多くのサービスとの時間の奪い合いにおける対策でもある、と語る。

「現在、世界的にさまざまな娯楽サービスが出てきており、無料で楽しめる。ポケモンGOなどもそうだ。そうした中で本を読む時間は奪われていく。そこでどうするか。読み放題サービスなら、ユーザーは気になった本をどんどん手に取ってくれる。読書の時間を長くしていくことで、出版社や著者にもロイヤルティが入る。そうした仕組みに期待している」(友田氏)。

次ページ過去の作品がランキング上位に?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。