電子書籍取次「メディアドゥ」、急成長の秘密

「LINEマンガ」や「楽天マンガ」に独占提供

「LINEマンガ」(左)や「楽天マンガ」(右)など、スマホでも見られる電子書籍の取次で、メディアドゥは急成長をしている

LINEや楽天といったネット業界の有名企業とタッグを組み、成長を加速させている企業がある。電子書籍取次のメディアドゥだ。2013年に東証マザーズに上場、2016年2月には東証1部への昇格を果たしている。

電子書籍取次とは、電子化したマンガなどのコンテンツを出版社から預かり、米アマゾンの「キンドル」や楽天傘下の「コボ」といった電子書店に卸し、そこでの販売額に応じて収入を得る中間流通のビジネスだ。

紙の書籍でも、出版社と書店をつなぐ取次業者が存在するが、それを電子書籍で行っている。メディアドゥを含む電子書籍取次業者は一般的に、電子書店で販売された金額の10%程度を得ている模様だ。

LINEマンガへ独占提供

ただしメディアドゥの場合、コンテンツの取次販売にとどまらない。2013年4月からは、LINEの漫画閲覧サービス「LINEマンガ」へ、電子版の漫画コンテンツとともに、読者への配信システムも、独占提供を開始した。単純な電子書籍の取次に比べ、システム提供分も上乗せされて利幅が厚いため、メディアドゥはこの分野を重点的に伸ばしていく方針だ。

メディアドゥの2016年2月期業績は、売上高が前年同期比39%増の112億円、営業利益が同34%増の5.5億円と、好調そのもの。売上高の約95%を占める主力の電子書籍事業が牽引している。中でも、「LINEマンガ」のように、電子書籍と配信システムの双方を提供する分野の売上高が49.6億円と最大で、伸び率も4割超と貢献が大きい。

次ページ急成長のワケは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。