徳川家康は「日本人に嫌われる性格」の典型だ

「スゴい成功者」なのに…理由は4つあります

今回も、よく聞かれる質問に答える形で、解説しましょう。

江戸幕府を開いた徳川家康とは?

Q1. 徳川家康ってどんな人ですか?

江戸幕府の初代将軍です。初めは三河(愛知県東部)岡崎の小大名・松平広忠の子として生まれましたが、後に織田信長と同盟を結んで勢力を拡大しました。

信長亡きあとはライバルの豊臣秀吉に臣従しつつ、最後は豊臣政権の「五大老の筆頭」として強大な権力を掌握しました。

秀吉が死ぬと「関ヶ原の戦い」で自らの敵対勢力を一掃します。そして1603年、征夷大将軍となり、江戸に幕府を開きました。

Q2.家康はなぜ天下を取れたのですか?

理由はいくつもあるでしょうが、やはり家臣に「優れた人材」を揃えたことと、家康自身の並々ならぬ「忍耐力」でしょう。

家康の家臣には井伊直政や本多忠勝といった一騎当千の武人連がいる一方で、本多正信など内政に優れた文官も多数登用し、これらの「優れた人材」たちが後の強固な幕府の基盤を築きます。

それと同時に、「天下掌握のチャンス」をじっと待ちつづけた「忍耐力」も、家康が天下を取れた大きな要素だと思います。

Q3. なぜ江戸に幕府を開いたのですか?

京都の朝廷と政治権力を切り離すためです。

かつて源頼朝がそうしたように、家康も朝廷の干渉を受けない武家政権の確立を目論んでいました。当時、彼の本拠地であった東国の「江戸」は、京都の朝廷の干渉を受けないための最適地だったのです。

ただ意外なことに、将軍在位時の家康はほとんどを京都の伏見城で過ごし、引退後は駿府(静岡市)を居城とするなど、自身が江戸にいた期間は生涯でさほど長くなかったようです。

Q4.「戦国の覇者」であり「江戸幕府を開いた成功者」である家康は、なぜ人気がないのですか?

確かに、同じ戦国武将でありながら、「織田信長」や「豊臣秀吉」、あるいは「真田幸村」といったいわゆる「ヒーロー」と比べると、家康の人気はやや劣ると思います。そこには、われわれ日本人にとって「嫌われる本質」が4つ存在します。

次ページ家康が「嫌われる」理由とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT