「公立に行く」と決めた親が持つべき"覚悟"

親が考え方を変えれば、可能性が開ける

では善悪の判断をどのようにして教えていくのかといえば、それは日常生活の中で、たとえささいなことであったとしても、親が悪いと思うことを子どもの前で見せないことです。たとえば、赤信号で車が来ていなければ渡ってしまうことは誰しもあることでしょう。しかし、子どもが周囲にいるときは、絶対に悪い見本を見せないことです。このようなささいなことの積み重ねが大切になります。

最後に基礎学力についてです。結構、驚くことですが、中1の段階で掛け算や割り算が怪しい生徒が、意外とたくさんいるのです。公立の小学校で普通にやっていたら、普通の基礎学力がつくのですが、どうやら普通にやっていないために、このようなことが起こります。また、そのようなわが子の現実に親が気づいていないことが多く、びっくりすることがあります。最低限、小学校で学ぶ基礎ができていないと、当然、公立の中学校でもついていけません。

横溝さんの場合は、お子さんに基礎学力があるようですので、この項目については問題ないと思いますが、学力が二極化している昨今、このような状況もあるのです。

以上、公立中学校への進学の場合に関して、どのように考えていけばよいかという点について話をしてきました。

生活習慣を整えることをつねに忘れない

石田先生の近著。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

あらためて申し上げますが、「私立に行かせたいが、経済的な理由で行かせられない、だから仕方ないので公立へ進学させる」というネガティブな感情を持つことは、あらゆる点で不平不満となって表れてきてしまいます。したがって、その考え方とは決別し、「公立でしか学べないことがある。チャンスは豊富にある」という意識を持ち、お子さんにも、そのような希望ある未来が待っていることを教えてあげましょう。もちろんネガティブな環境に巻き込まれないよう、生活習慣を整えることをつねに忘れないようにして過ごしていただくとよいでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。