私大文系に通わせるなら700万円は覚悟せよ

大学の学費、トータル金額を知っていますか

ちゃんと備えておかないと、家計は火の車になりかねません(写真:すなべしょう / PIXTA)

2月中旬に入り、大学受験シーズンのピークを迎えている。今月から3月にかけては私立大学の入学試験、合格発表が立て込み、25日には国公立大学の前期試験が実施される。

わが子の大学受験を迎えている保護者なら、すでに受験校の入学金、授業料などは確認済みのことだろうが、なかには「おカネのことは二の次」と、子どもの希望を優先して受験校を決めている家庭もあるのではないだろうか。

合格してから慌てないために、事前確認を

受験の真っただ中にいるときは、とにかくわが子が合格してくれることを祈り、それだけを目指してあらゆる手を尽くすものだ。しかし、いざ合格して入学金を納入期限までに払うとなると、急におカネの問題がリアルになる。合格はうれしいものの、経済的には崖っぷち、と慌てないために、一度この時期に、大学生活に向けてかかる費用を確認してみよう。

国公立大で約511万円、私大文系なら約692万円、私大理系なら約787万円――。日本政策金融公庫の「教育費負担の実態調査結果」(2014年度)を読み解くと、子ども1人を4年制大学に入れて、卒業させるまでの費用は平均でこれぐらいかかる。大学院卒(計6年間)を想定すればオール国公立大でも約725万円、私大文系なら約986万円、私大理系なら約1126万円となる計算だ。

次ページ国公立狙いでも負担が大きい理由
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT