「公立に行く」と決めた親が持つべき"覚悟"

親が考え方を変えれば、可能性が開ける

私立に行きたいのに公立に進学する場合、気をつけるべき点は?(写真:xiangtao / PIXTA)
小学校低学年から高学年、そして中学生へ……。周囲に私学を受験する子も増える中で、わが子の成績や先々の進路がまったく気にならない親はいないだろう。どうすれば少しでもいい点が取れ、より上位の学校に進学できるのか。そもそも子どもにやる気を起こさせるには?
約25年にわたり学習塾を運営し、3000人以上の子どもを指導、成績向上に導いてきた石田勝紀氏は「心・体・頭のしつけ」をすることが重要と語ります。この連載では石田先生の元に寄せられた親たちのお悩みに答えつつ、ぐんぐん伸びる子への育て方について考えていきます。
※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

 

【質問】
初めまして。わが家には2人の娘がおります。上の子は小学校6年生、下の子は3年生です。私から見てもそこそこ頭が良いと思いますが、今後、公立の学校で周りに合わせる教育の中で、停滞してしまい、そのままになってしまうこともあるのではないかと心配しています。うちは、経済的にも私立学校へ行かせることができないので、公立進学になるのですが、どういった点に気をつけていけばいいでしょうか。
(仮名:横溝さん)

前向きな意見も増えている

この連載の記事一覧はこちら

【石田先生の回答】

横溝さん、お便りありがとうございます。私立中学への進学率が高まる中、公立中学校へ進学する方からのご相談は近年増えています。一昔前は、荒れた中学校へ行かせたくないという理由から私立を選ぶ方も多かったと思いますが、最近では、特色ある教育方針に共感することや、子どもの学力を伸ばすためといった、前向きな意見も増えてきました。そうした機運がある一方で、本当は私立へ進学させたいけども、経済的に難しいという状況の方も多数いらっしゃいます。

次ページ不安を抱えている方へ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT