日本人が知らない「自由」の意外な正体とは?

資本主義社会が抱える不都合な真実

自由という概念は、法などの制約があるからこそ意味を持つ(撮影:今井康一)
兎角に人の世は住みにくい――日本社会で暮らしていると、文豪ならずとも、こんな思いが頭をよぎることはありませんか。「もっと自由な社会になればいいのに」と思う人もいれば、傍若無人に振る舞う人々に悩まされ「自由の行き過ぎが問題だ」と考える人もいるでしょう。果たして、今の世は自由が足りないのか、過剰なのか?
さて、この難問に挑んだのが、雑誌「考える人」(2013年冬号~2015年秋号)で「自由をめぐる八つの断章」を連載した経済学者の猪木武徳さん。この度、連載をまとめた単行本『自由の思想史 市場とデモクラシーは擁護できるか』(新潮選書)が刊行されたのを記念して、政治学者の宇野重規さんと「自由」について対談した。同社のWebでも考える人より、その内容を紹介します。

オーウェルが語る自由

宇野:「自由」はこれまでもさんざん議論されてきたテーマですが、猪木先生のご著書は教科書的な思想史の本と違って、哲学や思想だけでなく、旅行や映画、文学などの話がたくさん出てきて、とても面白く読めました。

猪木:ありがとうございます。

宇野:この本には三つの性格がありますね。まずはタイトル通り「自由論」という性格。もう一つは、リベラルアーツの意義を問い直す「教養論」。そして三つ目に、「知的自伝」としての性格。猪木先生の学問がどのように形成されてきたのかを垣間見ることができ、とても興味深かったです。

猪木:研究者の自伝なんて大抵面白くないので(笑)、自伝を書く気はまったくなかったのですが、これまで自分がどんな場所を訪れ、どんな本や映画に影響を受けてきたのかは、ちょっと書いておきたいという気持ちがありました。

宇野:印象的なのは、最初に登場するのがイギリス人の作家、ジョージ・オーウェルだったこと。自由論の教科書なら、バンジャマン・コンスタンがジャン=ジャック・ルソーを批判した「古代人の自由、近代人の自由」から入り、アイザイア・バーリンの「消極的自由、積極的自由」へ行くのが定石でしょうし、経済学者の猪木先生であれば、アダム・スミスなどの経済思想から入る手もあったと思います。

猪木:私はオーウェルが好きなんです。『1984』『動物農場』より、むしろ短い文学評論が素晴らしい。たとえば「よい悪書」(Good Bad Books)など、なるほどと感心しますね。知性がつい軽んじてしまいそうな本に、ワクワクし、感動するのは、芸術が大脳機能とは同じではないことを教えてくれる。ヴァ―ジニア・ウルフの作品よりも『アンクル・トムの小屋』の方が後世に残る、と断言してますね。彼は意識の領域が拡大していくことを自由だと捉えていました。一人の独裁者による専制だろうと、「全体」が「全体」を抑圧する全体主義だろうと、人間の意識の広がりを阻むものは彼の敵でした。

次ページ生きた思想としての自由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング