人望を得るリーダーは365日「開かれている」

「力任せ」だった彼女が突如立たされた苦境

社員にとことん寄り添う植野さんだが…

6人でスタートしたノバレーゼは、現在800人ものスタッフを抱える組織に。植野さんは800人全員が「大好き」だと言います。

「中には問題があるスタッフも確かにいます。でも、それも個性だと思うんです。本気で理解しようとすれば、相手もきっと答えてくれるんです」

こんなふうに「社員にとことん寄り添ってくれるリーダー」の植野さんですが、一方で、これとは真逆にも聞こえる、リーダーとしての信念も教えてくださいました。

「『いい人になるな』。これはつねに、自分自身の肝に銘じています」

「メイクが変」「服装が悪い」…残さず言う

接客業では、見た目は非常に大事です。植野さんは部下をひと目見て気が付いたことは「躊躇なくすべて」指摘するようにしています。「髪型がおかしい」「メイクが変」「服装が悪い」などなど。こと細かに、残さず言います。それで嫌われてもいい、と言うのです。

「きっと若い社員からは『口うるさいババア』と思われているはず。でも、それで構いません。その社員が10年後に『あの時、植野さんに言われた通りだった』『役に立った』と思ってもらうことこそ、私の仕事ですから」

部下や後輩ができると「判断」して「決断」しなければならない局面がたびたび出てきます。それはときに恐ろしく、とても勇気がいることです。植野さんはいざというときの「決断力」を磨くコツとして、早いうちから「判断の添削を受ける」という方法をアドバイスしてくれました。

「何かを判断しなければならないのに迷うのは、多くが二者択一の場面かと思います。そういうときに、上司にただ『どうしましょうか』『どっちにしましょうか』と丸投げするのではなく、いったん自分で考えて、自分なりの答えを出したうえで『私はこう思いますが、いかがでしょうか』と相談します。この相談を、高い判断力を持っている上司にするのです。

すると答えが返ってきたときに『こういう場合はこう判断するのがベターなんだな』と、ひとつの経験として残ります。これを積み重ねると、いずれ自分が本当に迷ったとき、『あのケースはこうだったな』と思い出して判断できるのです」

次ページ辞めていった社員に「いつでも戻って来いよ」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?