人望を得るリーダーは365日「開かれている」

「力任せ」だった彼女が突如立たされた苦境

ノバレーゼには「戻ってこいよ制度」なるものが

つまり「過去問の回答を多く蓄積しておく」ということですね。これには会場に集まった営業女子の皆さんも「明日から使える」と、納得顔でした。

植野さんが考える「リーダーシップ」とは、ズバリどんなものでしょうか。

「どうやったらスタッフが、楽しく幸せに、モチベーションをもって働けるか? ということを、私はつねに考えています。業績や売り上げは、それらが達成されていれば自然に上がるんです」

ノバレーゼは、社員の60%が女性。植野さんが懸命に「皆が働きやすい、幸せな会社」を追求した結果、結婚して出産しても、100%の女性社員が職場復帰しています。16時に帰宅、土日は出られないという勤務体系でも、周りがフォローする体制ができています。

さらに「戻ってこいよ制度」という仕組みがあるそうです。一度辞めた後に「やっぱりノバレーゼがよかった。もう一度働きたい」と感じた人が、スムーズに復職して働ける制度です。

自分の役割を把握してこなすことこそリーダーシップ

今回のイベントで、私たちは「リーダーシップ」の意味をとことん考えました。その中で、役職や肩書として「リーダー」の立場にはなくても、必要な場面で自分なりの「リーダーシップ」を発揮することは、誰にでもできるのではないか?という気づきを得ました。

結局、「職場で自分の強みを発揮すること」こそが最大のリーダーシップなのではないでしょうか。積極的に周囲に働きかけ、影響を及ぼし、チームをいい状態へ導いていけるよう、自分の役割を把握してこなす行動力です。

「女性活躍ブーム」ではありますが、単純に役職や肩書としてのリーダーを目指すのではなく「リーダーのマインド」を理解して、女性リーダーとしての資質を、それぞれが高めていくことも重要なのだと感じました。

営業部女子課とは、主宰の太田彩子が2009年に立ち上げた、営業女子を応援するためのコミュニティです。女性営業職の活躍を拡げることで、結果男女ともに輝きながら働ける社会創造を目指しています。詳しくはウェブサイトをご覧ください。
8月6日(大阪)にはイベントも開催予定です。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。