「服装に関する指導」は、絶対この1点を誤るな

歪んだセクハラ対策が優良企業をダメにする

「回りくどい言い方」が余計なトラブルを起こす場合も…(写真:Graphs / PIXTA)

前回記事:「パワハラ=禁止事項」発想は危険な勘違いだ

こんにちは。メンタルアップマネージャの大野萌子です。

前回、広く一般的に行われている間違ったハラスメント教育が、いかに職場に悪影響を及ぼしているかをお伝えしました。怖くて指示出しに躊躇し業務がうまく回らなくなる現象、さらには、コミュニケーション不足によりメンタル不全者を増やしてしまう現象まであるのです。

問題の一端は、ハラスメントの基準に「相手の嫌がることをしない」という、人によって感覚の違う、混乱を招く基準が使われていることにあります。そこで前回に引き続き、個々のケースをもとに、どこから「嫌がられる」可能性が高まるのか、じっくり検証してみます。

「今日の洋服、カワイイね」はアウト?

■ケース3:服装に関して何か言う

この連載の記事一覧はこちら

「今日はいつもよりおしゃれだね、デート?」「あれ、昨日と同じネクタイ。家に帰らなかったのかな?」というような言葉かけは、ハラスメントになるという認識が広まってきたかと思います。これらは暗に男女の関係を連想させるものであり、「プライベートに踏み込まれた」と不快に思われてしまう可能性が大きいといえます。

では、「今日の洋服、カワイイね」だけならどうでしょう。人によっては、嬉しいと感じることもあるはずです。言う相手によっても、受け手の感情が変わりそうです。ということは、言うこと自体に問題があるわけではないのです。むしろ、「せっかくスーツを新調したのに誰にも気づいてもらえなかった」と相談を受けたことが過去にはありました。

ただ、気を付けたいことがあります。それはやはり、「カワイイね」を聞いたときの相手の反応です。

次ページミニスカートを注意した課長の「大失敗」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT