「日本人の留学」はどうすれば増えるのか?

カギは「大学入試の改革」にあり

次に、同じIIEのデータから「国別のアメリカへの留学生ランキング」を見てみよう。

2011年、日本の留学生数は、インド、中国、韓国などに大きく引き離され、7位にまで転落した。1994年~1997年の期間は、日本は世界第1位だったが、当時の姿は見る影もない。

日本の留学生数の減少は、中国と比べるとよりいっそうはっきりする。1997年まで、日本は中国を上回っていたが、1998年以降は中国が日本を上回り、ここ数年では、足元にも及ばない状況になっている。

特に、近年の中国の伸びは大きく、2010年から2011年の1年間で、留学生数は3万6471人も増加している。日本の2011年の留学生数が1万9966人なので、中国の単年度の増加数よりも少ない状況になってしまった。

以上が、「学生は内向き」と言われることの論拠である。

「データ」と「実感値」のギャップ

このような留学減少トレンドの中、ベネッセでは、海外トップ大進学塾「ルートH」の取り組みや、留学に関する高校での研修会、生徒向け講演活動を行っているが、問い合わせや講演依頼は、ここ数年で明らかに増えている。いや、「増えている」というより、10年前には、そのような依頼自体が「なかった」と言ったほうが正確であろう。

また、ベネッセの「海外進学サポートセンター」のサービスを通して、海外の大学へ進学した高校生は、2011年度の25名から、2012年度には135名へと増加。2013年度は200名近くに達する見込みだ。

この、高校からの海外大進学に関する、「データ」と「実感値」のギャップは何に起因するのか? 

その理由としては、今回の文科省公表データは、「大学院も含めた留学生の総数」であることに加え、集計年が2010年とすでに「過去」になっていることが考えられる。それを踏まえれば、結果としての「内向き志向」はここ2~3年は継続するが、その後、留学生の実数としては増加に転じると推測される。

次ページ高校生の英語力の実態
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。