成果を出す人は「ムダな問題意識」を持たない

「ミニマル思考」でストレスから身を守れ

さまざまなストレスから身を守るためのミニマル思考とは?(写真 :bee / PIXTA)

会社の人事がフェアでない、上司の言動が人として許せない、会社のあり方はこれではいけない……。日常生活の中で、怒りや問題意識で頭がいっぱいになることはないでしょうか。モヤモヤして仕事がはかどらないこともあるかもしれません。

成果を出せない人は問題意識に「振り回されている」

しかし、仕事で成果を出す人は、「成果につながる」問題意識を持っているもの。一方、成果を出せない人は問題意識に「振り回されている」ことが多いものです。

正義感、不公平感、被害者意識、好き嫌い、不安、憶測……。私たちの頭の中にはさまざまな「想念」が散らかっています。この「頭の中のガラクタ」こそが人間の合理的思考を妨げる原因。正義感も不公平感も「自分はこう感じる」という主観に過ぎません。立場が変われば別の感じ方もあり得ます。

これに対し、成果を出せる人の判断基準は「実利・実害があるかないか」だけ。非常にシンプルです。彼らは正義感や好き嫌いなどの「実害のない、単なる主観」は捨てて、実利・実害のある問題だけにフォーカスする。だからムダな議論で空回りすることなく、成果を出すことができるのです。

次ページくすぶっている人、不満を持つ人の共通点
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT