武蔵野音大生が人気企業に就職できるワケ

みずほ銀行出身者が発掘した学生の魅力

音大生は自分の能力に気づいていないことが多い(写真:SPECIAL WEEK / PIXTA)

2017年新卒採用は6月の選考開始から2カ月弱が過ぎた。大手企業の採用は一段落したものの、採用活動継続中の大手企業は少なくないし、採用意欲満々の中堅優良企業もたくさんある。リクナビ掲載企業は2万3808社もあり(7月14日時点)、就活生にとってまだまだチャンスがあるといえる。

内定を獲得する実力があるのに、自分の強みに気づかず、就活がうまく進まない学生がいる。こうした学生は自分の長所をストレートにアピールせずに、マニュアル本をまねした内容を話して失敗していることが多い。

卒業後に苦労する音大生

就職四季報プラスワンの記事一覧はこちら

そんな自分自身の力に気づかない学生といえば、音楽大学の学生も挙げられるのではないだろうか。「音楽しかやってこなかった」「経済のことなどわからないから一般企業は無理」などと思い込んでいる音大生は多い。

音大の場合、演奏家以外の進路は教員や音楽教室講師が多く、一般企業へ進む学生は多くない。ところが、武蔵野音楽大学ではここ数年、メガバンク、生・損保、総合商社、航空会社などの人気企業へ進む学生が増加している。

2016年3月卒の就職実績で見ると、三井物産1名(前年0)、JR東日本1名(同0)、ANA1名(同1)、JAL1名(同0)、第一生命保険2名(同1)、大日本住友製薬1名(同0)、三井住友銀行1名(同3)といった結果だ。

どうしてこのような変化が起きたのか、武蔵野音大・就職課主任の大内孝夫氏に聞いた。大内氏は慶応義塾大学を卒業後、富士銀行(現みずほ銀行)に入行、いわき支店長などを務めたあと退職し、2013年に武蔵野音楽大学・就職課に入職した。現在は音楽之友社のホームページで「目からウロコの就活・キャリアQ&A」も連載中だ。

――2015年2月に『「音大卒」は武器になる』を上梓して話題になりました。なぜ、この本を書こうと思ったのですか。

私は約30年間銀行に勤務していましたが、こちらの大学に来てみると「銀行時代にここの学生のような部下がいたら良かったな」と思うことが何回もありました。

次ページ卒業生が進路相談にやってくる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT