テレビは、しつこく「政権批判」をやるべきだ

ジャーナリズムは波風を立てるべし

非常に悪しき流れになっていて、無難な番組作りが増えている
わたくし、TKO木本武宏が、複雑な現代の世の中について学ぶ対談。第5タームは田原総一朗さんにお話をうかがっています。最終回は、田原さん自身がずっと戦ってきたフィールドであるジャーナリズムの世界について。御年82歳の田原さんからのメッセージが胸にしみました。

ジャーナリズムはどこに行くのか

この連載の過去記事はこちら

木本:最近のジャーナリズムはどうなんでしょう? まずテレビに関してはいかがですか。

田原:非常に悪しき流れになっていて、無難な番組作りが増えていますね。

僕はジャーナリズムとは波風を立てることだと思っていて、いまはその逆。特に最近はコンプライアンスのことばかり気にしている。本来は「遵法精神」の意味で「法律からはずれない」という言葉だけれど、テレビ界においては、つまりそれはクレームのない番組を作れという意味にすり替わってしまっている。昔はクレーム電話がきても、プロデューサーやディレクターが「すみません、もう二度とこういうことは致しません」と謝ればそれですんだ。でもいまはクレームはネットで広がってしまい、スポンサーにまでその声が届いてしまう。だから「クレームのない番組を作りましょう」となって、結果として無難な番組だらけになる。

木本:テレビ番組はスポンサーありきですからね。さらにはニュース番組でも数字の取らないといけない風潮になっていますよね。

次ページ「生存視聴率」とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。