日本の会社では「スゴい人」は社長になれない

田原総一朗氏「好きなことを仕事にしよう」

「木本さんのような勝ち組の人が、格差社会について何かを発言しても迫力がないよね」と田原さん
わたくし、TKO木本武宏が、複雑な現代の世の中についてその道のエキスパートに教えを乞う対談。第5タームは田原総一朗さんにお越しいただきました。18歳から選挙権が与えられた初めての参院選は、18〜19歳の自民党への投票率は40%を超えましたが、投票率は45.45%と、全体の投票率54.7%を大きく下回りました。今回は、田原さんが若者に期待することについて伺ってみました。

アメリカの学生は「就活」なんかしない

この連載の過去記事はこちら

木本:田原さんが若者に期待することはなんでしょう? ポジティブにとらえていますか、それともネガティブですか。

田原:ポジティブだね。日本の明日や将来を担うのは若者です。僕らの世代はすぐに消えていくので、彼ら次第でこの国は良くも悪くもなる。彼らに期待する意味でポジティブに期待している。

木本:ゆとり世代が社会に進出してきて、どう思われますか。

田原:アメリカ留学して帰ってきた知り合いの編集者は、いまやアメリカの大学には「就活」がなくなった。ほとんどの人間が企業を作ろうと思っている、と語っていました。

木本:最初から起業してしまおうと。

田原:日本はまだまだ「就活」。それは意味がないと僕は思っている。いろんな企業で、50歳以上の人間の使いどころがなくて困っている。たとえば生保でも50歳で支店長を終えると、その後どうやって使っていいかわからない。その人たちを一カ所に集めて、仕事をあまり与えずに辞めてくれるのを待っていたりする。

次ページ終身雇用は、近い将来なくなる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT