竹中直人「いいものは理屈を超える」

「監督・竹中直人」が語る役者哲学

「1億円やるよ」が監督デビューのきっかけ

――そもそも竹中監督が『無能の人』でデビューしたきっかけとは何だったですか?

五社英雄監督の映画『226』の撮影のときに、奥山さんと食事をしたのですが、そのときに僕が映画の話ばかりしていたんです。「そんなに映画が好きだったら、一本撮ればいいじゃないか、1億出してやるよ」と言われて。

僕は学生時代に映画を撮っていたのですが、初めて監督をやった時は、その学生時代の感覚と同じでした。規模が大きくなっただけで、そこにプロの人たちが集まってくれたという感じでした。だからすごく楽しいひと時でしたね。

――今回で監督作も7作目。役者・竹中直人が出演しない、初めての監督作品となりました。

あえて出ませんでした。演じる役もなかった。今回は出演しなくて本当によかったと思います。出ないとこんなに楽なのかと思いましたよ。今までは自分が監督をしている作品だし、自分をメインにがんがん出ようと思っていましたが、これから、自分が監督をする時は、役者としてはもう絶対に出ないと思います(笑)。

(監督写真クレジット)
スタイリスト:兼子潤子 へアメイク:山内聖子(MARVEE) 撮影:今井康一

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT