「超会議の意義は?」夏野剛さんに聞いてみた

ニコニコを任天堂や経産省などが支援

正直言って驚いた。

12月6日夜。東京・六本木の「ニコファーレ」。「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」などを手掛けるドワンゴが運営するイベント施設で開かれた発表会に、その人は突如現れた。岩田聡。「ニンテンドーDS」や「Wii」シリーズといった大ヒットゲーム機を生み出した任天堂の社長である。

経済記者を10年以上やっているが、任天堂とは縁がなく、岩田社長は新聞や雑誌、テレビでしか見たことがなかった。こんなところで、初めてナマでお目にかかれるとは思ってもみなかった。

驚きのメインスポンサー

こんなところで、とは失礼だったかもしれないが本音である。この発表会は、ドワンゴが来年4月27~28日に千葉・幕張メッセで開催する大型イベント「ニコニコ超会議2」の詳細について公表するという趣旨だった。「明かせませんけど、スポンサーには多分驚きますよ」と関係者から事前に何となくにおわされていたが、ドワンゴが「ニコニコ超会議2」の特別協賛を取り付けたのが、任天堂だとはまったく予想していなかったのである。

任天堂は、ニコニコ動画で新製品などを紹介する番組「Nintendo Direct」を配信するなど、ニコニコと連携している。「ネットを愛する皆さんの遊び場に微力ながら貢献したい。(ニコニコ超会議2を)任天堂色に染めようとは思っていません」。岩田社長はこうコメントした。任天堂はなぜニコニコ超会議2のメインスポンサーに名乗り出たのか。

岩田氏が話したワケではないので、客観的な分析となるが、もはやニコニコが起こす社会的な影響を無視できなくなったということだろう。

次ページ第1回ニコニコ超会議に集まった人数は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。