ついにニコ動も巻き込んだエヴァンゲリオン

なぜ動画サイトがアニメとコラボ?

ついにニコ動も巻き込んだエヴァンゲリオン

「ネルフとニコニコのコラボ。すべてはゼーレのシナリオ通りに」

ロボット系アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」。さまざまなグッズに展開されているシリーズが、動画サービスに登場した(冒頭は作品中の定番台詞)。

「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」など、日本最大級の動画サービス「niconico」を展開するドワンゴは10月17日、動画サービスの新バージョン「Q」の提供に併せて、エヴァンゲリオンをイメージしたサイトデザイン「エヴァンゲリオンMODE」を公開した。11月17日に公開を控えている映画「エヴァンゲリオン新劇場版:Q」とのコラボレーション企画となる。

niconico新バージョンの「Q」は5月に始めたバージョン「Zero」の改良版で、視聴画面の動作を軽量化してスピードを上げたほか、パソコンやスマートフォンなどの視聴端末に関係なく動画の視聴履歴を共通化することや、さまざまな画面サイズを選択可能にする機能などを組み込んだ。

そのうち、「エヴァンゲリオンMODE」は、エヴァンゲリオンの作品中で使われている特徴のある活字や関連の画像・映像などを、niconicoのサービスに組み込んでいる。削除されてしまった動画にアクセスした場合は、エヴァンゲリオンの人気女性キャラクターである葛城ミサトのナレーションが流れるなど、エヴァファンが喜ぶ仕掛けがなされている。


niconicoの特徴であるコメント部分もエヴァさながらのイメージ

 

なぜ、動画サイトがロボットアニメとコラボするのか。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT