ついにニコ動も巻き込んだエヴァンゲリオン

なぜ動画サイトがアニメとコラボ?

ついにニコ動も巻き込んだエヴァンゲリオン

「ネルフとニコニコのコラボ。すべてはゼーレのシナリオ通りに」

ロボット系アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」。さまざまなグッズに展開されているシリーズが、動画サービスに登場した(冒頭は作品中の定番台詞)。

「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」など、日本最大級の動画サービス「niconico」を展開するドワンゴは10月17日、動画サービスの新バージョン「Q」の提供に併せて、エヴァンゲリオンをイメージしたサイトデザイン「エヴァンゲリオンMODE」を公開した。11月17日に公開を控えている映画「エヴァンゲリオン新劇場版:Q」とのコラボレーション企画となる。

niconico新バージョンの「Q」は5月に始めたバージョン「Zero」の改良版で、視聴画面の動作を軽量化してスピードを上げたほか、パソコンやスマートフォンなどの視聴端末に関係なく動画の視聴履歴を共通化することや、さまざまな画面サイズを選択可能にする機能などを組み込んだ。

そのうち、「エヴァンゲリオンMODE」は、エヴァンゲリオンの作品中で使われている特徴のある活字や関連の画像・映像などを、niconicoのサービスに組み込んでいる。削除されてしまった動画にアクセスした場合は、エヴァンゲリオンの人気女性キャラクターである葛城ミサトのナレーションが流れるなど、エヴァファンが喜ぶ仕掛けがなされている。


niconicoの特徴であるコメント部分もエヴァさながらのイメージ

 

なぜ、動画サイトがロボットアニメとコラボするのか。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。