竹中直人「いいものは理屈を超える」

「監督・竹中直人」が語る役者哲学

――スタッフやキャストにやる気を出させる環境づくりというのは、サラリーマン社会に通じるところがあるように思われます。竹中監督が役者にやる気を出させるために心がけていることは?

竹中直人(たけなか・なおと)
1956年横浜生まれ。俳優、ナレーター、ミュージシャンなど幅広い分野で活躍。1983年に「ザ・テレビ演芸」でグランドチャンピオンとなりデビュー。コメディアンとして人気を博す。その後は役者として数々のテレビ、舞台、映画に出演し、1991年の映画『無能の人』で監督デビュー。映画監督としても脚光を浴び、今作を含め全7作品でメガホンをとっている。

それは見つめることですよ。役者を愛することです。自分が愛されていると思うからこそ、役者はそれに応えようとする。その愛情がなければ誰も動かない。僕はずっとあなたを見続けていますよ、という思いで撮っています。もちろんそれがうるさすぎてしまってはいけないので、そこが魅力だなと思ったら、一言、大切なシーンの時だけボソッと言ったりすることもあります。

僕にとっては脇役も主役もない。僕は「脇」と呼ぶのは嫌いです。画面に役者が出てくれば、その人たちが主役だという思いで撮っています。

だから、少しでも役者が楽しかったと思ってもらえたら嬉しい。やはり竹中組に参加して「いや、参ったよ」と思われるよりは、「楽しかったな」という気持ちで帰ってくれた方が嬉しいですもんね。それはスタッフにしてもそうだと思います。二度と竹中組には入りたくないとか思われたら、嫌ですもんね。

みんなが本当にいい具合に、現場の日々を過ごしていくことだけをまず中心に考えるんです。そのためには、撮影の基本となる台本がしっかりしていないと、現場で揉め事が起きます。だからとにかく無駄なことを排除して台本を作っていきます。

津田寛治など豪華俳優陣が集った。写真はメイキング風景(C)吉本興業
次ページ俳優と監督、どうバランスをとるか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?