竹中直人「いいものは理屈を超える」

「監督・竹中直人」が語る役者哲学

――スタッフやキャストにやる気を出させる環境づくりというのは、サラリーマン社会に通じるところがあるように思われます。竹中監督が役者にやる気を出させるために心がけていることは?

竹中直人(たけなか・なおと)
1956年横浜生まれ。俳優、ナレーター、ミュージシャンなど幅広い分野で活躍。1983年に「ザ・テレビ演芸」でグランドチャンピオンとなりデビュー。コメディアンとして人気を博す。その後は役者として数々のテレビ、舞台、映画に出演し、1991年の映画『無能の人』で監督デビュー。映画監督としても脚光を浴び、今作を含め全7作品でメガホンをとっている。

それは見つめることですよ。役者を愛することです。自分が愛されていると思うからこそ、役者はそれに応えようとする。その愛情がなければ誰も動かない。僕はずっとあなたを見続けていますよ、という思いで撮っています。もちろんそれがうるさすぎてしまってはいけないので、そこが魅力だなと思ったら、一言、大切なシーンの時だけボソッと言ったりすることもあります。

僕にとっては脇役も主役もない。僕は「脇」と呼ぶのは嫌いです。画面に役者が出てくれば、その人たちが主役だという思いで撮っています。

だから、少しでも役者が楽しかったと思ってもらえたら嬉しい。やはり竹中組に参加して「いや、参ったよ」と思われるよりは、「楽しかったな」という気持ちで帰ってくれた方が嬉しいですもんね。それはスタッフにしてもそうだと思います。二度と竹中組には入りたくないとか思われたら、嫌ですもんね。

みんなが本当にいい具合に、現場の日々を過ごしていくことだけをまず中心に考えるんです。そのためには、撮影の基本となる台本がしっかりしていないと、現場で揉め事が起きます。だからとにかく無駄なことを排除して台本を作っていきます。

津田寛治など豪華俳優陣が集った。写真はメイキング風景(C)吉本興業
次ページ俳優と監督、どうバランスをとるか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT