「世代間ギャップ」解消のヒントは仏教にあり

ブッダに学ぶコーチング術

職場の世代間ギャップ。会社勤めの友人たちと話をしていてもよく話題になりますが、皆さんずいぶん悩まされているようですね。

団塊の世代と団塊ジュニア世代。バブルの熱狂を知る世代と、生まれてこのかた下り坂しか知らない世代。30代の私と同世代のビジネスマンの人たちからは、上司である40〜50代のバブル世代には「あいつら仕事ができない」とか、60前後の団塊直後の世代には「あいつら退職金をがっぽりもらって逃げ切ろうとしている」とか、部下である20代に対しては「あいつら礼儀がなってない」などと、いろんな声が聞こえてきます。当然、私たち30代も他の世代からいろいろ言われているに違いありません。

実は仏教業界のほうが世代間ギャップは激しい

お坊さんの世界も同じように、世代間のギャップはあります。ただし、一般社会と違うのは、時間軸がやたらと長いこと。「生涯現役」という言葉がこれほど似合う業界も、なかなかほかにないでしょう。

企業の世界で50代といえば、キャリア人生のゴールも見えてくる頃でしょうが、お坊さんの世界の50代は、まだ「若手」と呼ばれることもあります。40代、30代は推して知るべし、20代など「小僧」扱いです。一般的な企業では60歳で定年を迎えますが、お坊さんの場合は定年がありません。

宗派などの重要なポストの多くは、70代、80代のお坊さんで席が埋まります。時には90代や、100歳を越えた老僧が、宗門のトップに立つこともあります。ある意味、お坊さんの世界でキャリア的に成功するために最も重要な能力は、「健康長寿」であると言ってもいいでしょう。

次ページまずは「人は皆違う」から始めよう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT