「世代間ギャップ」解消のヒントは仏教にあり

ブッダに学ぶコーチング術

会社のオフィスでも同じことがいえるかもしれません。同じ会社、同じチームに属していても、育ってきた環境も経験も人それぞれまったく違います。第一、もしチームの皆が金太郎あめのように同じような人ばかりだったら、どんなに頭数をそろえても、いい仕事は生まれません。それぞれ違う人が集まるからこそ、そこから新たな価値が生まれるのです。

ブッダに学ぶコーチング

さかのぼってみれば、ブッダ自身が「人はそれぞれ、違う」という考え方の持ち主でした。

ブッダは35歳で悟りを開いた後、80年の生涯を閉じるまで45年間、インド中を歩き、説法をされました。仏教ではそれを対機説法と言いますが、相手に合わせて法の説き方を自由自在に変えたのです。その数は八万四千とも言われますが、とにかく非常に多く、法を説く相手の数だけ説法の仕方があったということです。

では、ブッダは会うたびに言うことをコロコロと変える人だった?そういうことではありません。ブッダの説法は、「自分の考えを伝える」ことを目的にしているわけではないのです。法を説くということ。ものの道理を説くということ。それを通じて、相手が真理を悟ることができるようにと、導いたわけです。現代風に言うならばコーチのような役目として、その人自身が自ら悟ることができるよう、相手に合わせて説き方を変えたのです。

個人レベルで相手のニーズを汲み取っていくブッダの説法は、ビジネスで言うところのOne-to-One マーケティングとも重なるのかもしれませんが、ブッダの説法の場合は目的が「相手を悟りへ導くこと」です。それは、表層的なニーズではなく、心の最も深いところにある「目覚めたい」という悟りを求める心(菩提心)を呼び覚ます対話です。もしもブッダレベルのマーケティング力を身につけることができたなら、あなたは人を幸せにするビジネスマンとしてあちこちの企業から引っ張りだこになることでしょう。

私の普段の会話などはムダ話ばかりでブッダのようには到底いきません。ですが、せめて、人との会話は議論して説き伏せるようなことはせず、じっくりと相手の心の状況を見極めて、丁寧にお互いの心が明るくなるような対話をしたいものです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。