企業がNPOと協働すべき3つの理由 ビジネスと社会貢献の新たな関係

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小

理由(3):イノベーションの源泉がそこにあるから

そして、企業がNPOと協働すべき最後の理由は、NPOとの協働こそが、いま日本企業がイノベーションを起こすために最も効果的な方法だからである。

なぜか。それは、NPOとの協働は「既成概念の枠を超えること」だからだ。

すべての企業がそうとは言わないが、多くの日本の大企業は、組織の肥大化に伴い、さまざまなルールによって縛られるようになってきているように見える。若手が何か新しいアイデアを出したとしても、「前例がない」とか「時期尚早だ」という理由で、せっかくのアイデアや情熱の火種は消されてしまう。自分のアイデアを試す場や機会さえ、与えられることがないのである。

その結果、多くの企業は、国内の競合を見ながら、競合より少しでも高品質の製品を開発するという、既存ビジネスの延長線上での消耗戦を強いられてしまう。こうした考え方では日本社会の未来が明るくないのは明らかだ。

そんな中、NPOというまったく異なる目的関数で動く組織とかかわることは、企業が、組織や前例の壁や既成概念の枠を取り払う絶好の機会になりうる。NPOの多くは、既存の社会システムの延長線上では解決できない困難な社会課題に、非常に限られたリソースで立ち向かっている。この何もない状況でのチャレンジこそが、既成概念の枠を超えたすばらしいアイデアを生み出すための最適な環境となるのだ。

次ページ日本企業こそ、社会貢献に立脚した企業活動を!
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT