いまマツコほど優秀な「食の伝道師」はいない

一気にハネ上がる試食メニューの検索数

冠番組を多く持つマツコ・デラックスさん。試食をすると、多くの人がメニューを検索するだけでなく、ほかと比べて翌日以降の検索数が激減しないという(撮影:今井康一)

現在、月間利用者数が6000万人を超えたクックパッド。今日のごはん、何作ろう?というときに、人々はクックパッドにやってくる。そして、検索窓にキーワードを入れて検索ボタンをクリック(あるいはタップ)するのが、クックパッドでレシピを探す際の基本行動である。

そのキーワードは、食材、メニュー、調理器具、または「子供が喜ぶ」といった目的など、季節や時間帯に応じて、さまざまなものが選ばれている。

全体的には、その時期にスーパーなどの店頭に多く並ぶ旬食材、あるいは季節や気温に応じて食べたくなるメニューが検索されることが多い。たとえば、いまの時期ならば、なす・トマト・ピーマンといった夏野菜、そうめん・冷しゃぶといったメニューが急上昇している。そしてその変化は、毎年似たような変化を経るため、これから人気となるであろう食材やメニューを、われわれクックパッド編集部は、データから分析・予測し食卓提案を行っている。

検索数は影響力のバロメーター

クリックするとニュースサイトにジャンプします

そんな中、予測できない形で、突然検索数が上昇するのが、メディアで取り上げられ人気を博した言葉だ。中でも、いまだに影響力が非常に大きいのがテレビ。テレビで紹介され人気となった場合、放送直後からその言葉の検索数は爆発的に増加する。そして、その検索数の大きさがその番組、あるいは紹介している人の影響力を表すバロメーターにもなっているほどだ。「MOCO’Sキッチン」(日本テレビ系)のもこみち、「あさイチ」(NHK)の有働アナやイノッチ、「ケンミンSHOW」(日本テレビ系)などがその代表例である。

しかしテレビによる影響力は、放送直後爆発的には盛り上がるものの、一時的な現象に終始しがちなのも特徴だ。たいていの場合、検索数は翌日以降激減してしまう。ところが最近、テレビによって検索数が急上昇し、放送後もその検索数が激減せず、長期間そのキーワードが検索され続ける現象が見られるようになった。その現象の原因は、「人気タレント、マツコ・デラックスがテレビで試食したメニュー」である。

次ページこれが話題になったメニューだ
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。