デキないオトコの仕事が回らなくなる「必然」

「オレにしか出来ない」からハマる、悪循環

最後に、依頼主へのお願いについて。依頼主へのお願いとは、依頼を受けた仕事がどうしても期待に応えられなくなった時の相談です。この場合は仕事の「優先順位づけ」が必要。デキないオトコは、優先順位つけの定番のお作法を使います。

それは「重要度・緊急度のマトリクス」です。

手持ちの仕事を、重要度と緊急度の2軸で分類し、重要で緊急のものから優先順位をつける、有名な方法です。ところがこの方法、実は使い方に難があります。仕事が回らない時は、たいてい「ぜんぶ重要で緊急」なので、順位をつけづらくなるのです。結果、デキないオトコは多くの仕事が最優先事項化して、仕事が回らなくなるはめに。

 「謝って許してもらえそうか」を判断軸に

デキるひとの仕事の優先順位づけも同じようにマトリクスを使いますが、「軸」が違います。

デキるひとが使うのは、「謝れるかのマトリクス」です。

具体的には「謝って仕事の質を落とせるか」と「謝って納期をずらせるか」の2軸で整理。謝って許してもらえるものは先に「大変申し訳ございませんが……」と「お願い」するお作法です。

緊急度や重要度といった客観的な判断は難しいですが、謝れば……は相手次第で判断がしやすい。相手にとっては真摯に映るので、信頼関係にプラスになることも。デキるひとならではの「奥の手」とも言えます。

デキるひとの仕事を上手に回す「お願い」のお作法は、ビジネスの常識からずれたお作法でもありました。デキないオトコは常識を信じて回らなくなる。仕事のデキるデキないは、常識への態度が決めるのかもしれません。デキる女性の代表者が残した、こんな一言を思い出しました。

もし私がすべてのルールを守っていたら、成功なんてしていなかったでしょうね。 〜 マリリン・モンロー

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT