東大・理系男子がハマる”変わり種”スポーツ

集中力強化には、「ジャグリング」がいい

先に断っておくと、ジャグリングにはパフォーマンス、アートなどの側面もあり、イコールスポーツではない。

東京大学・駒場祭のステージ。学園祭や学校・施設からの“営業依頼”では、こうしたカラフルな衣装やメイクなどで演出することも珍しくない

ただスポーツとして競技会出場を目指して取り組む人も少なくない。練習風景やショーを見る限り、程よく体を動かす全身運動であることも間違いなさそうだ。

たとえば、前述のJJFは、技術力やオリジナリティ、パフォーマンス性などを審査するジャグリング競技会だ。

日本ジャグリング協会によれば、2012年大会には、出場者枠を数年前の2倍にあたる740人に増やしたが、それでも定員を超える申し込みが殺到したという。

「JJFに出ようとするのは、かなり積極的なジャグラーなので、潜在的に“ジャグっている人”は、それ以上に増加していると思います」(日本ジャグリング協会)

なぜか理系男子が集まる

人前で技を披露することで喜んでもらいたい、好きな曲に合わせて何かを表現したい、競技として極めたい、何だか面白そうだから……。ジャグリングを始める動機は、さまざまだという。

そして話を伺っている最中、部長・荒木さんが「自分の周囲を見回すと」と前置きしながらも興味深いことを教えてくれた。

「なぜかジャグリングは、“理系”の人がハマる傾向にあるようです」

大学生活最初のオリエンテーションや新入生歓迎の時期も、ジャグリングを披露すると“文系”より“理系”の学生に、圧倒的に受けたという。

荒木さん自身も理系で、中学・高校時代からジャグリングを続けている。

ジャグリングは運動神経の良しあしにかかわらず、練習さえすれば、ある程度のレベルまで上達できる。そんなところが気に入っているそうだ。

次ページ人気の道具ベスト3は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT