東大・理系男子がハマる”変わり種”スポーツ

集中力強化には、「ジャグリング」がいい

個人差はあるが、たとえば3カ月も練習すれば、5個のボールを同時に回すことができるようになるとか。中には7個のボールを自在に操る達人もいるという。

練習場所の体育館に足を運ぶと、すでに大勢の若者が思い思いにジャグリングの練習を始めていた。

体育館の様子。自分好みの道具を使って、好きなだけ自由に練習ができる

カコンカコンというボウリング場のような音、バチバチ、ドコドコなどさまざまな道具を扱う音が聞こえてきて独特だ。体育館に集う人の性別・年齢はさまざまで、ビギナー・ベテラン、個人・チームも混在している。

「いろいろな道具があるので触って遊んでもらっていいですよ。そこら辺の人に聞いたら、使い方を教えてくれるので」

近くで練習している部員が、気さくに案内してくれる。

激しいスポーツが嫌いでも、全国2位に

部長によれば、人気の道具ベスト3は、いかにもジャグリングっぽい「ボール」「クラブ」「ディアボロ」だとか。そのほか「リング」、棒状の「デビルスティック」、箱型の「シガーボックス」、「シェイカーカップ」などがある。

最初は皆、どのように道具を選ぶのだろうか。気になった道具を選んで遊んでいるうちに、自分に向いているものが見つかるというが……。

試しにボウリングのピンのようなクラブを1本持ってみたが、見た目以上にズッシリ重く感じる。

そんな白いクラブを、何と8本同時に魔法のようにクルクルと投げ合っている二人組がいた。

そのうちの一人・フレディさん(芸名、本名非公開)は、Passacaglia(パッサカリア)というチームを組んで活動しているサークルOB、すなわち元東大生だという。ふだんはソフトエンジニアとして活躍する理系男子だ。

次ページジャグリングは力学系?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT