錦織圭「ナイス、卑怯!」で育てられた戦略脳

つねに裏をかく「if then思考」の凄み

ウィンブルドンで錦織圭の「学習能力」はどんな形で披露されるのか(写真:MB Media/アフロ)

錦織圭の「学習能力」とは

いよいよ全英オープンテニス(ウィンブルドン)が開幕する。日本の注目は男子シングルス世界6位の錦織圭。結果はもちろんだが、注目したいのは彼がその「学習能力」をどんな形で披露してくれるか。

5月に開催された全仏オープンは、地元フランスのガスケ(同12位)に敗れベスト16に終わった。最高でランキング7位になったこともあるベテランを4−2とリードしながらのサービスゲーム・デュースの場面で、どしゃぶりの雨。約1時間の試合中断後、一転してガスケに巻き返され逆転負けを喫した。

四大大会唯一、芝ではなくクレーの全仏は「魔物が棲むコート」と言われるが、クレーコートの経験が決して多くない錦織は雨水を含んだコート、水を含んで重くなるボールにうまく対応できなかったように見えた。

テニスに限らず、スポーツは想定外の出来事にどう対処していくか。順応力というか、問題解決能力が問われる。

スポーツにも詳しい脳科学者の篠原菊紀さん(諏訪東京理科大学共通教育センター教授)によると、「想定外」に対処する力をつけるには「if then」(イフ・ゼン=もし~したら~する)の思考回路を鍛えるのが重要だと言う。

次ページピンチのときに代案はあるか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。